トップ > 学校概要 > 校長メッセージ

学校概要

校長メッセージ

               新たな時代を迎える山陽学園

 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます
 山陽学園は、1886(明治16)年に山陽英和女学校として開学し、岡山の女子教育の先駆けとなりました。その後、上代 淑(かじろ よし) 校長のもとで先進的な女子教育が導入され、「愛と奉仕」を教育理念とする学園として発展してまいりました。開校以来、130年余にわたり学園関係者の固い絆とたゆまぬ努力により、開明的な教育と明るい校風の学舎をつくりあげ、多くの優れた人材を輩出してきました。
 昨年、山陽学園は2020年4月から中学校、高等学校を男女共学化することを決定し、共学による新しい教育へと歩みを進めることにしました。このたびの共学化は、これまでの優れた女子教育のDNAを引き継ぎながら、多様性の時代にさらに質の高い教育を目指す、山陽学園の「進化」にほかなりません。
 現在、本校は中高一貫教育の利点を生かしながら、一人一人の進路目的に応じた学びの4コース(スーパー特別進学、エクセル特別進学、総合進学、Music)を設け、探究的な学習や少人数指導等を積極的に取り入れ、学力伸長による確かな進路実現を図っています。また部活動では、運動部が全国トップレベルの活躍をしており、文化部も国連の「持続可能な開発目標(SGDs)」の取組みで日本代表として発表するなど、生徒の素晴らしい活躍が続いています。
 来年4月からは、共学化により男子が加わり一段と活気にあふれることと思います。今後も、生徒一人一人の可能性を最大限伸長すべく、質の高い教育に努め、地域に愛され信頼される学校となるよう教職員一丸となって取り組んでまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。
                                 平成31年4月1日
                                 校長 豊 岡 秀 明




山陽女子中学校・高等学校 校長 豊岡 秀明