修学旅行(3年)

5月7日(水)~9日(金)、山陽女子中学校3年生は、2泊3日の日程で沖縄へ修学旅行に行きました。

1日目は西表島研修です。
西表島は天然記念物のイリオモテヤマネコ、マングローブ林など本州では見ることができない豊かな自然や貴重な生き物の楽園です。
バスを降りると、水牛車が迎えてくれました。
水牛車に乗り、由布島へ向かいました。干上がった遠浅の海をのんびりと三線の音色を楽しみました。
夕食後はエイサー鑑賞も行いました。

2日目はシュノーケリングを行いました。
石垣港から船に乗り、「幻の島」まで行きました。
幻の島は干潮の時に姿を現す島です。
石垣島と西表島の間に広がる海域は「石西礁湖(せきせいしょうこ)」と呼ばれ、日本最大で北半球でも最大規模を誇る珊瑚礁エリアです。
海の中に入り、水中を覗いてみると美しい珊瑚礁を見ることができました。
珊瑚礁は地球温暖化などの原因により死滅しています。
エメラルドグリーンの海の美しい珊瑚礁を守ることの大切さを学びました。

3日目は沖縄本島での平和学習と班別研修です。
アメリカ軍の普天間基地の近くに位置する佐喜眞美術館を訪問しました。
館内にある「沖縄戦の図」では、沖縄の地上戦の様子が描かれており、戦争の恐ろしさと平和の尊さを学びました。

次に首里城公園を訪問しました。
守礼門から入り、正殿を見学しました。この辺りは世界遺産に登録されており、琉球王国の歴史を感じました。

午後からは国際通りを中心とした班別研修です。
沖縄の文化を学び、沖縄の方の優しさにふれました。

3日間を通して、沖縄の自然・歴史・文化を体験して良い思い出ができました。
修学旅行のまとめは1人ずつ新聞を作って発表します。